キャッシュレス・消費者還元事業

産地レポート

「あわいちば山田錦」の田植えをしました

あわいちば山田錦


本家松浦酒造では2019年6月9日(日)鳴門鯛の日本酒造りでも使用しているブランド酒米「あわいちば山田錦」の田植えを行いました。フェイスブックなどで田植えを体験したい方を大募集。応募してくだった皆さまと一緒に、市場町の田んぼで田植えを行いました。

■田植えについてレクチャー
JA市場町の吉永博明さんから、あわいちば山田錦のことを資料を見ながら教えてもらいました。田植えの仕方についてもレクチャーをお聞きします。初めての人やお子さまたちは興味津々です。
あわいちば山田錦

■いざ、田んぼへ入ります!
さていよいよ田んぼへ入ります。田靴を履いた人、ハイソックスをはいた人、素足の人、それぞれ思い思いの出で立ちです。帽子や手ぬぐいなどの日よけも抜かりなく!
あわいちば山田錦

■一列に並んで、苗を植えます!
今回は木製の定規を並べて、みんなで並んで田植えをします。 あわいちば山田錦

■農家さんからお借りした定規です
この木製定規は40〜50年くらい前まで使っていたもの。機械化された今では使わなくなったそうです。農家さんの納屋で眠っていたものをJA市場町の皆さんが借りてきてくれました。ひっくり返すと金属の足が回転して地面に刺さり、定規を支える仕組みになっています。百姓さんの知恵ですね。あわいちば山田錦

■定規の印にそって植えます
苗は大きな束になっています。数本ずつにちぎって、田植えしていきます。定規に貼られた赤いテープが植える位置の目印です。あわいちば山田錦

■苗くださーい!
田植えが進むと、田んぼの中の方に入っていきます。自分が持っている苗がなくなったら、畦にいる人が苗がぽーんと投げてくれました。もちろん、ナイスキャッチでした。(笑) あわいちば山田錦

■半分以上、田植えできました
途中で休憩も挟みながら、田植えは黙々と後ろに進んでいきます。ふと前をみると、かわいい苗たちが並んでいます。あわいちば山田錦

■そしてそして、田植えが完了
皆さんの努力の甲斐あって、田んぼ全体に田植えが終わりました。気持ちのいい眺めです。 あわいちば山田錦

■みんなで記念撮影
この酒米を使って、この冬には鳴門鯛の蔵で酒造りが行われます。みんなで植えた酒米で仕込んだ酒はきっと格別です♪あわいちば山田錦

■おまけ
あわいちば山田錦を植えた田んぼのすぐ横の用水路には、こんなオタマジャクシたちがいました。浮き草の緑も鮮やかです。大切に自然が守られていますね。
あわいちば山田錦

■「あわいちば山田錦」を使った日本酒はこちら
鳴門鯛 純米吟醸 720ml
鳴門鯛 純米吟醸 720ml


ナルトタイ 純米大吟醸 水ト米 720ml
ナルトタイ 純米大吟醸 水ト米 720ml


鳴門鯛 純米大吟醸 うすにごり 無濾過生原酒[あわいちば山田錦100%]
鳴門鯛 純米大吟醸 うすにごり 無濾過生原酒 720ml[あわいちば山田錦100%]【蔵直限定】


鳴門鯛 純米吟醸 無濾過生原酒[あわいちば山田錦100%]
鳴門鯛 純米吟醸 無濾過生原酒[あわいちば山田錦100%]


保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
あと__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
お買い物でランクアップ!
あと__MEMBER_RANK_NCNT__の購入でランクアップ!
メールマガジン登録
メールマガジン登録

お買い上げ7000円以上送料無料
ラッピング・のし
新規会員登録で100ポイント
お客様の声
ご利用案内

メールアドレスを入れ登録ボタンを押してください

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 臨時休業

すだち酒のつぶやき

日本名門酒会
日本名門酒会に加盟しています


地酒蔵元会
地酒蔵元会に加盟しています


20歳未満の未成年者への酒類販売は固くお断りいたします

20歳未満の未成年者への
酒類販売は固く
お断りいたします。


ページトップへ