贈り物のマナー

お中元のマナー

お中元のマナー

お中元はいつ頃に贈るのがマナーですか?
関東では7月初旬から7月15日、関西では8月初旬から8月15日までに届くように贈るのがマナーですが、地方によっては多少期間に差があるようです。
最近では、全国的に7月初旬から7月中頃まで(土用の入り前まで)の期間内に贈ることが一般的になっているようです。
その期間を過ぎた場合、8月7日の立秋までなら「暑中見舞」、立秋以降は「残暑見舞」と表書きするのがおすすめです。

お中元の「のし紙」はどれがいい?
[祝いのし]紅白蝶結びの「のし紙」を使用し、上書きは水引結び目中央上に「御中元」、中央下にやや小さく名前を書きます。

お中元のし

お中元にお返しは必要ですか?
お中元に対して、特にお返しする必要はありませんが、お礼状はできるだけ出すようにしましょう。
ごく親しい方であれば、電話で感謝の気持ちを伝えるのもよいでしょう。同僚や友人などの場合は、同程度の品物でお返しをしてもよいでしょう。

喪中の時にお中元を贈っても大丈夫?
お中元はお祝いではありませんので、当方・先方のいずれかが喪中であっても差し支えはないでしょう。ただ、四十九日を過ぎていない場合などは、少し時期をずらして「暑中見舞」として贈るのもひとつの方法でしょう。

マイページログイン カートをみる

保有ポイント:__MEMBER_HOLDINGPOINT__ポイント
会員ランク:__MEMBER_RANK_NAME__
あと__MEMBER_RANK_NPRC__以上の
お買い物でランクアップ!
あと__MEMBER_RANK_NCNT__の購入でランクアップ!

メールアドレスを入れ登録ボタンを押してください
★「ナルトタイ 純米原酒 水ト米」が当たります★

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

すだち酒のつぶやき

日本名門酒会
日本名門酒会に加盟しています


地酒蔵元会
地酒蔵元会に加盟しています


20歳未満の未成年者への酒類販売は固くお断りいたします

20歳未満の未成年者への
酒類販売は固く
お断りいたします。


ページトップへ